行動しよう(^^♪ - 個人事業はインターネットで完結!権利収入でハッピーライフ学(^^♪

ネットワークビスネスで右肩上がりで楽しみいっぱい(^^♪

私の人生観って何だろう?
人様の人生観には興味は無いけど、人間味がある無いといった
人格作りはやはり人生観によるものだろうね。


テレビで観ていたら、さんまさんってかっこいいなあ。
なんかね、プロフィールを書くのに
普通は賞罰や特技とか 自分のいいところを書こうとするよね。


さんまさんのは ただ 一言
『お世話になっています』
かっこいいなあ。


そして

さんま.jpg

『顔が名刺代わりだから』


芸能人はある意味【権利収入】ですね。
さんま という名前だけで収入が得られるわけですから


そして


さんまさんという人格は
若いうちに近い存在が亡くなっているのですね。
だから【生きることに貪欲】 そして 優しいのでしょう


あなた自身で考えろ



てめー自身で考いきやがれ!

いらいらするなあ もー
私はくよくよする人を見ると イライラするけど
目の前に立たれると ほっとけない。
世話焼いてしまう。


日本人って 周りの平穏を害してならないと 風潮があり
自我を強く表に出すとよくないとされております。
私の2人の祖母は極端でした

なぜなら 母系の祖母は江戸っ子 父系の祖母はアメリカ生まれ
教育や考え方も極端

江戸っ子VS USA.jpg

母系祖母は江戸っ子らしく 江戸しぐさが沢山出て
常に相手を思いやれ


父系の祖母はアメリカ生まれらしく 
常に自分に誇りあれ


その祖母の2つの教えをまもっております


日本はおもてなしが素晴らしいとされていますが
ルールをまじめに守り過ぎて 融通がきかないのが
時々ムカつきます ムカッ( ̄∩ ̄#

柔軟に対応すれば もっとお店の印象が良くなるのになあ。


主人と映画デートした時のことです。
主人はたくさんオレンジジュースを飲みたかったので
氷無しでお願いしますと注文したら…
返ってきたのは
「カップの半分までになります。」

LINE-300x213.jpg


あ?
何言っているのこの人?
カップ一杯入れればいいのに いつも氷を入れるように
半分だけの入れることになりますって!!!


一気に印象を悪くした。
ルールがあるのだろうね 
氷を入れてから ジュースを入れる量が決まっているのだろう


ジュースを飲んで
映画を見る楽しみが 幻滅したことは紛れもない事実
お客さんの希望を聞いてサービスすれば
次に来た時の 注文も弾むっていうのに。。。


日本は常識にこだわり過ぎ。


常識にこだわると成長しない



ある実験がありました。

”Thinkertoys: a handbook of creative-thinking techniques (Michael Michalko著)”
から 以下の図式が当てはまり なるほど!
experiment_top.jpg

檻の中に5匹の猿を閉じ込め 梯子の上には猿の大好物バナナがあります。
1匹の猿がそれを発見して 梯子に上ってバナナを取ろうとします。
実験者はその猿に氷水を浴びさせ 登っていない他の猿にも氷水!


別の日に 他の猿がバナナを取りに挑戦すると
同じようにすべての猿に氷水を浴びさせます。
何度か繰り返すと バナナを取りに梯子を上ると
ロクなことがないと学習し、それが猿の常識になっていきます。


常識になったところで 1匹だけ別の猿と入れ替えたら
その猿はその常識を知らないので
バナナ取りに挑戦しますと
もう氷水を浴びさせることがないのに係わらず
他の4匹がその猿に殴り掛かります。


つまり


バナナを取りに梯子を上ってはならないという
ルールを体裁をもって享受されたのです。
同じように2匹目、3匹目…入れ替えさせ
ついに氷水を浴びた経験のある猿が最後に入れ替え
これで氷水を実際に浴びた、
バナナを取りにいき直接罰せられた猿は全ていなくなりました。


最後に入れ替わった5匹目の猿!
その猿が同じようにバナナを取りに梯子を登ろうとした途端、
残りの四匹の猿達は新入りを捕まえ、常識に従って殴り、やめさせたそうです。


では、猿たちに質問!
「どうしてハシゴを登る子を殴るの?」
「わかんない。ここではそうするのがきまりだから」

と答えるでしょう


この実験で分かるのは
最初は目的があってルールを設定したとしても
時間が経てば、その決まりごとは通用しなくなるのです。


いつまでも『常識だから』と囚われ過ぎると
それにしがみつく理由がないのに
「こうしなくちゃ」「これをしちゃだめ」って思っていませんか?


硬直した思い込みをひとおもいに打ち破って、
一歩前に進んでみるのがいい
勝利ぃ♪v('∇'*)⌒☆ブイブイッ!



自分という城(居場所)を作れ!



子供は遊びの天才!
隠れ家や秘密の基地を作っちゃって
遊びを楽しんでいます。


つまり


子供たちは知らずに 自分の城(居場所)を
作っちゃているから
想像力を書き建て、心が落ち着く場所に


新しいことを始めるには不安があります。
自分の城を構えていれば 帰る場所はいつでもそこにあるから
安心して やりたい放題 アイデア放題
やってみようという勇気が湧くものです

秘密基地.jpeg


ネットワークビジネスという秘密基地を作って
本業とは別に 遊びの延長として 楽しんでいる私

自分の生き様ぶり



子供のように本能的に生きよ(^^♪
どー((( ̄( ̄ー ̄) ̄ー ̄( ̄ー ̄) ̄ー ̄) ̄))))ーれだっ?



子供に余計なプレッシャーはない。
大人は考え過ぎているし
周りを気にし過ぎて 前に進めていない


常識だからと 自分から生き方を変えようとしない
その方が安泰かもしれないけど
それでいいですか?
自分の考えではなく 周りがこうだからなんとなく
流されるように生きている


私は決められたレールの上に走らされる人生は嫌です。



私はやりたいと思ったら 即行動
祖母の教えの通りに
自分の直感を信じて 思いやってあげて

zeitaku.jpg


その結果

ネットワークビジネスの出逢いで
いろいろな業界の人に出逢い 仲間にも恵まれ
毎日が新しい発見があって 右肩上がり




手に入れた現在に、感謝と更なる収入の構築をしています。


feather004.png


baener LP.png


お江戸の宣伝とお金の使い方で豊かなシステム作りがあった(^^♪

今回は私の大好きな『江戸』のネタで話しちゃいます。
江戸っ子である私は江戸のネタは飛び込んでしまいます(^^♪
ワクワク♪o(^o^o)(o^o^)oワクワク♪

江戸猫.jpg

『江戸』の文字を見ただけでワクワクしちゃいます。
あなたにも何かにワクワクしていますか?
ワクワクするものを見つけると楽しいね(≧∇≦)ノ ハーイ♪


現代にも通じる江戸時代に存在した三井高利の商才に学ぶ。



江戸時代といえば今から300年以上前ですね。
沢山徳川のネタを書いてきたけど、やはり江戸は
みんな稼ぐことを知っていたんですね。


江戸言えば
「てやんでぃ、火事と喧嘩は江戸の華よ!」
江戸民はエコロジーな質素な暮らしの中で
派手に楽しんでいたものです。


商売もライバルいっぱい。
でやんでぃ!売られた喧嘩は買うぜ!
あたぼうよ。



その中でも逸材を放っていたのが三井高利。
現代の三越デパートの創業主でもあります。
当時の呉服屋さんはお客さんのところへ行って
商売をしていました。


江戸は現代の言うところの訪問販売方式が常識だったのですが
呉服バブルがはじけて
右肩下がり。ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!!



でも、彼の行動は素早く方向転換し
今で言う【宣伝】を始めたのです。
その時代になかった集客方法だったのです。



今という広告は全て三井のアイデアから生まれて定着したようなもの!



その方法とは?


三越傘.jpg

雨が降ると越後屋と大きく書かれた傘を無料で貸し出すのです。
どんどん貸し出すので、
いやでも大きく書かれた越後屋の文字は目に入ってきます。
お客さんに無料傘を持たせて、
動く広告媒体としてお店の宣伝をさせていたのです。


現代では新宿や渋谷という繁華街で無料の
ティッシュ配りのようなものですね(^^♪


また



江戸は芝居を見に行くのも庶民の娯楽の1つでした。
芝居作家にお願いして『越後屋』というセリフをいれるように
多額の謝礼で芝居中に


「呉服は有名な三井越後屋に限る」


と主役が叫びます。
貸し傘と芝居でたくさんのお客さんを集客させました。
自分から宣伝しなくても 勝手に宣伝できるような
今で言うコマーシャルの元型を作り上げたのです。



それを知っただけでもワクワクしちゃっています。
江戸時代の暮らしは今以上に豊かで人間味のあるものだっただろうなあと。


「現状維持」は現状維持になっていない!



上手くいっているからと言って現状維持にしないで
革新を取り入れたのが、三井が江戸時代の豪商となりえた秘訣です。


三井の商法での格言

「商売は決断力を最も必要とす。
例え一時の損失を忍んで見切るとも、
後日に至ってより大なる消耗を醸すに勝る。」



つまりお金を使わないとお金の価値が死んでしまいます。
「貧乏人の銭失い」という言葉があるように
貧乏人はわずかな金銭を惜しむのでお金が死んでしまうのです。


お金ない.jpg

お金を幸せにすることができないから
お金も不幸になって、自分自身が貧乏になってしまうよ。
Σ( ̄Д ̄;)がーんっ!

お金の使い方自体でお金に縁がある人、無い人に分かれますね。
その違いはお金の溜まる原則を本能的に知っているからと言えます。


決断力がなければお金は豊かになれません




私はアラフォーになって20代のときの違いを感じますね。
20代はいくらでも体力が有り余っていて、行動力がありましたが、
今ではどうでしょう?


今でも行動力はあるとしても、体力や考えは変わっています。
上手くいっているから現状維持でいいやと思うのは大間違い。


将来の人生において一番若いのは『この瞬間の今』なんです。



chance 1.jpg

明日になれば状況が変わっているかもしれない。
事故って記憶喪失するかもしれないし、
戦争が起きるかもしれない。誰だって未来のことは分からない。


国に頼れないのが現実であり、年金だってどうなるかも分からない。
国が年金で将来を守ってあげると言っているけど、
念のために備えておくだけで、その年金が
あなたの人生を豊かにする約束では無い。


人生を豊かにする決断は『今』です。



もしあなたが
「私はもう若くないから・・・」
と言って何もしなければ

10年後はもっと何も出来なくなる。
10年後の私は50代になっている。
今と同じような行動範囲で動けるのだろうか?


もう一度言いますよ。

これからの人生において一番若いのは『今』です。
これからの人生を変えるのは『今』なんですね。



zeitaku.jpg


三井高利が重く見たのが見切る決断力というものです。


どうしようかな?もし、損したら困るなあ。
でも、見込みが当たるかもしれない。
と目先の小さな損にこだわることで

ズルズルと続け、時期を失い、
後からより大きな損害を受けるのがおち。


そんなよりも思い切って損する決断力がカッコイイ!!!


その決断力でお金を呼び寄せています。

次への布石となりやすく、お手柄もらったぜ!


さあ、祭りだ祭りだ!粋だね(^^♪

feather004.png


baener LP.png

40代であなたの未来が決まっている下流老人とは!?

んんんんん?

耳慣れない、見慣れない言葉が出てきた!?
どんだけー! 造語がどんどん生まれてくる。
【下流老人】という言葉を知っていましたか?


2014年には【老後破産】
2015年には【下流老人】

その言葉はとてもネガティブですね。


本当に私たちの未来は無いのか?

鼻水.jpg


お先真っ暗?(´;ω;`)
そんなのはごめんだね。
じゃあ、どうすればいいの?っていう話だよね。



そもそも【下流老人】は何を指すのか? 



それをドキュメンタリー形式で追いかけているのが
NHKスペシャル「老人漂流社会」です。



分かりやすく順で追うと
「ワーキングプア」から始まって
「無縁社会」?「老後破産」でたどり着くのが
「老人漂流社会」という構成になっています。



確かにワーキングプアという社会現象になってから10年。
バブル時代を知る私は今の社会は好景気だと思いません。


記憶に新しい衝撃なニュースがあったこと覚えていますか?
71歳の老人が未来がない、希望がない、生活が苦しいとして
新幹線内でガソリンをかぶって焼身自殺事件!!!

今の日本社会は老人にとって暮らしにくい!と訴えるように
乗客を巻き添えしてしまいました。ヽ(`Д´)ノプンプン
こういうことを「他責的傾向」といって他人のせいにしています。

hannnya.jpg


70代の人達は戦後で苦労した人たちですね。
苦労して、血汗を流してまで頑張った結果が
こんな人生の結末になる現実を受け入れられない。


頑張っても財を得た上流老人になれず、
当てにした年金もどんどんもらえる金額が減っていく。
中流社会層で頑張ったのに、少ない年金で下流老人へ。


孤独死が増えては遺品片付けビジネスが増えているとか。

それは昔言う姥捨て山という話が正しいのか?

kaminari.jpg

昔は寿命が短い分人生計画が立てやすかったのかもしれませんね。
今や80歳100歳と長生きしている人がたくさん。
定年後20-40年 
収入なしで年金だけで暮らすのはよほどの蓄えがないと厳しい。


それが20-30年後ではなく40代で確定している真実



えええええええええええええええ?(-_-;)


私アラフォーだよ。40代真っ最中。
困った 困った。
どんな人がそうなるのか?



バツ1バツ2の家庭がなりやすいそうです。
離婚すれば慰謝料が発生するし、子供がいれば
教養費も発生します。


再婚したら、相手は子供が欲しいとプレッシャー!
収入を考えたら子供を養えない!
それが原因で離婚しちゃった。


一人になって楽になったけど、
今度は生活保護を受ける立場になってしまった。
生活保護を受けるということは・・・(-_-;)


alone.jpg


もう一つの例が突然リストラに見舞われる40-50代。
高収入だった習慣で散財する金銭感覚が続いて
あっという間に底ついてしまった人。


人生は山あり谷ありといいますね。
谷になっても又山を登れる力があればいいけど
メンタルバランスが崩れるとどんどん
下流に転落して、戻るに戻れなくなっちゃう。
そういう人が下流老人への道へまっしぐら!


 想定外のことでもリバカリーするのは? 



簡単です!


そ・れ・は


プライドを捨てることです。
人生も断捨離が必要です。
物を捨てるだけではなく人生のそのものをね。




人は栄光に浸っていたい。
素晴らしい過去をいつまでも味わっていたい。
その時ばかり考えるからダメなんです。

社畜.jpg

栄光に浸ることがだめだとは言っていません。
浸ってばかりで、次の行動に移せないのがいけないんです。
目標を達成した、それでおしまいではありません。



シンデレラや白雪姫では必ずハッピーエンドで
物語は終わっていますが、その後はどうなったのでしょう?
誰も知りません。



もしかしたら、離婚したかもしれないし
王子様が戦死して、苦労しているかもしれないし
誰も未来のことはわからないのです。



お金って使って無くなるものです。
大丈夫だからと高をくくっている年収800万家庭が
一番下流へ転落しやすい。

ukemi.jpg

その人たちは油断しているから
お金も貯まらないんです。
出すだけになっているんですよ。


人生の無駄使いは過去を引きずるプライドを
捨てるという断捨離が必要です。
その都度断捨離すれば、お金も戻ってくるよ(^^♪


いつでもお金が環になって戻ってくるように
行動する必要があるんですね。
私は元を取るのが大好きです(^^♪


家の中の断捨離だけではなく
家計の断捨離すると、結構すっきりして
未来の見通しが良くなり、楽しいよ(^^♪


自分で断捨離ができる女性はかっこいい!!

baener LP.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。